遺体特殊メイク

ご家族に安心と安全を。
エル・プランナーの死後の処置。

エル・プランナーが考える、死後処置(エンゼルケア)とは

死後の処置には、二つの役割があると考えられます。
一つは、感染予防対策上の役割、もう一つは死者を尊ぶ人道的な役割です。
近年は、血中ウイルス感染症など、さまざまな感染症が問題となっています。
医療現場では、患者さんを感染から守るために、ユニバーサルプレコーションに基づいて感染予防対策が実施されています。
感染とは、患者さんがお亡くなりになられた後でも、病原体の生存・繁殖といった性質上、感染の可能性があると考えます。 医療機関で死後処置(エンゼルケア)が行われている場合であっても、搬送や死後の変化などによって血液・体液等が漏れ出ることがあります。
また、医療機関以外の場所でご逝去された場合は、死後処置(エンゼルケア)は行われていません。
死後処置(エンゼルケア)は、ご家族とご遺体に携わる人たちの安全を守るため、ご遺体の尊厳とプライバシー保護のために行います。

ユニバーサルプレコーション 感染症の有無に関わらず、すべての患者の湿性の目視できる血液・体液・排泄物・嘔吐物を感染の可能性のあるものとして取扱うとする世界標準の考え方。


ご遺体からの感染の可能性がある主な現象
  • 医療器具が取り外された部位から血液・体液が流出している
  • 鼻腔・口腔から血液・体液が流出している。
  • 皮膚から体液が浸出している
  • 体表に水疱が発現している
  • 血液・体液が浸出する創傷および損傷がある
  • 嘔吐物がある
  • 排泄物がある
  • 腐敗が進行している
感染対象

感染症の有無に関わらず、ご遺体から出る血液、体液、排泄物、嘔吐物などが感染対象となります。
以下も感染対象として取り扱います。

  • 傷口を被っている
    血液・体液・膿がにじんだガーゼ
  • 血液・体液・排泄物・嘔吐物などで
    汚れている寝具、着衣
  • 血液・体液などを拭いた
    ティッシュペーパー、タオル
故人様のお体が心配な場合、また以下のような場合は、お気軽にご相談ください。
  • お着替えをご希望の場合
  • 臭気がある場合
  • ご葬儀、お別れまで日延べされる場合
  • 死後の処置が不十分に感じる場合
  • 出血や体液の流出がある場合
  • 寝具や着衣が血液で汚れている場合
  • 在宅療養をされていた場合
  • 解剖が行われた場合
  • 遠距離搬送される場合

著作権法に基づき無断転載を禁じます
COPYRIGHT (C) 2002-2020 L・Planner Co.,Ltd. All Rights reserved