遺体特殊メイク

エル・プランナーは遺体特殊メイクの専門会社です

医療器具の傷痕や交通事故、転倒・転落事故、労災事故、災害などの不慮の事故によって、
傷ついたお顔のカバーメイクを専門に承ります。

素顔を生かしたカバーメイク

目立つ傷を、顔全体を厚塗りすることなく隠す高度なメイクテクニックが、美粧衛生師が行うカバーメイクです。
医療器具の傷痕や転倒、事故などによって傷ついたご遺体のカバーメイクを専門に承っております。

エル・プランナーは平成5年に創業しました。以来、12,000人以上の方の遺体メイクに携わらせて頂きました。
当時は、ご遺体のメイクに特化した専門会社はありませんでした。
事故などによって大きく傷つかれたご遺体は、その痛々しさがご遺族の記憶に残ることを避けるため、お顔を見せずにお別れする、ご火葬するといった方法を(葬祭業は)勧めて参りました。

大切な家族を失ったご遺族を慰めるのは、ご遺体の穏やかなお顔です

お亡くなりになられた方のために、また遺族ケアの観点から、ご遺体の穏やかなお顔はとても重要な役割を果たします。

医療器具の傷痕や交通事故、転倒・転落事故、労災事故、災害などの不慮の事故によって、傷ついたお顔をご拝顔するご遺族の心情は計り知れません。
ご遺族が死別の悲嘆から回復される過程において、ご遺体との対面が十分できたかどうかが非常に重要です。
突然の死を受け入れなくてはならないご遺族、自責の念に苦しむご遺族にとって、ご遺体との対面ができることは、何よりの慰めです。

検案が行われたご遺体とのご対面

ご遺族は、亡くなられたことだけでも大きく深いショックを受けておられます。
検案が行われたご遺体の無残さは、さらに追い打ちをかけるようにご遺族の心を傷つけます。
故人様の面影を可能な限り再現するための処置及びカバーメイク技術が、美粧衛生師が行う遺体特殊メイクです。

遺体メイクは、誰がしても同じではありません。
メイクする人(作り手)の技術が、大きく左右します。
作り手が自分勝手な化粧をして、全く別人になってしまうこともあります。
どのご遺体も同じ顔にメイクする人もあり、せっかくの化粧がその人らしさを表現できず、ご遺族を悲しませることも起こっています。

その人らしいお顔に近づけるために

「お母さんの顔に戻った!」「お父さんの顔に戻った!」
ご遺族が、心から「お母さん」「お父さん」を感じられるメイクが、エル・プランナーの美粧衛生師が行う遺体特殊メイクです。

遺体特殊メイクは万能ではありません。まずはご相談ください。
腐敗が強度に進行している場合は、誠に無念ではありますが対応しかねます。

犯罪被害者遺族支援 災害遺体支援

犯罪被害および災害に会われたご遺体のご依頼は無料です。
ご遺族からの直接のご依頼、ご葬儀社を通してのご依頼を承ります。


著作権法に基づき無断転載を禁じます
COPYRIGHT (C) 2002-2020 L・Planner Co.,Ltd. All Rights reserved